【悲報】山本寛と岡田斗司夫がアニメ業界をダメにした奴らを暴露!

スポンサーリンク

12月24日配信の『山本寛✕岡田斗司夫公開トークイベント〜僕たちのクリスマスナイト〜』にて、アニメ業界では当たり前となっている“製作委員会方式”が「良いアニメをつくる足かせとなっている」という議論が勃発した。

山本:
製作委員会というスキームそのものに問題があると思ってます。ここにメスを入れないとダメだということです。例えば中国の配信業者が10億出したとします。でも、製作委員会で「10億頂きました!やったー!」 とならないじゃないですか。

製作委員会の幹事会社が権利の40%、50%を握るためには、10億来てもらったら困るんですよ。
幹事会社の権利を40%得たいけど、4000万円しか出せません。ということは、予算総額は1億円で決まっちゃうんです。この瞬間に。

どれだけお金を出したい。10億でも、20億でもこの作品のために出すよって言っても、出せないんですよ。

岡田:
つまり、10億あったら、劇場アニメのすごくいいのができるし、中国の会社が10億でも20億でも30億でも出そうと言っている。ところが、中国の会社が20億も30億も出してしまったら、中国の会社の出資100%のアニメができてしまう。でも、お金が欲しいから製作委員会方式を取りたい奴らというのがいる。

結局それは、版権の窓口をやりたいとか、手数料取りたいとか思っているところがあって、アニメの制作予算として、2億以上かけちゃ困ると。だって幹事会社が4000万円しか出せないんだから、2億で4000万円だったら、やっとこれで20%じゃんと。20%以下に権利のパーセンテージが下がったら立場がなくなる。

中国の会社が20億出すならしょうがない、その20億円を10の作品で割りましょうというカタチで、作品を10ぐらい作って、個々の作品の予算上限を1〜2億ぐらいや数千万にとどめたりして、コントロール権を握ろうとした。

山本:
だから、本数が増えたんです。

岡田:
つまり、アニメに出資したがってる会社は多いんだけども、そういう版権ビジネスから手を引きたくないおっさんたちが、予算の上限を決めているから制作費が増えない。横の方向の制作本数だけが増えちゃう。

・ネットの反応

なるほどぉ。

これはひどい。どんな世界にも自分の既得権益を守ることを優先する人っているんだな。

粗製乱造になるのはこれが原因か。一本あたりの予算を増やす方向に変えないと現場が疲弊するばかりだろうに

ヤマカンはどう言っていいかわからんけど、オタキングとか確実に業界を破壊した方の人間だろ。

この話がホントだとして、じゃあ中国資本にすがって中国の言いなりに作品を作るかというと答えは大抵No
作りたいものが作れるのが日本でやる最大の利点

外資(中国資本)の流入と製作本数の増加を関連付けるとか、一見して出鱈目なんだが、調べてる時間がないので識者の解説を待ちたい。

鵜呑みにするのも危ないかもだけど、興味深い。そしてたぶん、だいたいあってるんじゃないかなぁとか素人ながらに思う