出版社に持ち込みした漫画がボツにされるだけじゃなく盗作された話

スポンサーリンク

・ネットの反応

投稿作品が出版社に帰属するとか、web連載時は作品を買い切りますなんて話ちょいちょい見かけるけど、そのうちの一部はこういうことのためにやってるんだろうなって勘ぐってしまうな。以前も編集がボツにした作品ネタを別の小説家に横流ししたなんて話あったもんな。これだから出版業界は信用ならない。書き手はどうしたらいいんだろうねえ。未発表作品しか投稿してくるなって賞もあるし。

ニコニコ漫画に、ボツにされた漫画を個人的に公開してる人っているな。

持ち込んだのは最終的に本人の意志と決断であるとはいえ、持ち込みを勧めたなら勧めたことで望まない事態になったことに対して「どう慰めていいか分からなかった」「残念だけどたまにあるんだよ」「同人誌で出していれば…」じゃなくて、一緒に怒って戦ってあげればいいのに。勝てる見込みがなくてもさ。俺がこの彼女だったらこういう返事されたらもうこの人に頼れないって認識する

アイデアって、パクられても「類似のアイデアをこちらが既に持っていたのであなたと組まなかった」と言われたら終わりなので、先に世に出したもの勝ちですね。組む相手が見つからなかったり、ボツになったりした後の戦略まで先に考えて、早めに手を打つほうが賢明。

パクられない予防法としては、今ならばボツ、落選が決まった時点でweb上の出来るだけ他人の目に触れてタイムスタンプが明確な場に公開するしかない。Twitter、pixiv、ニコニコ静画など。